写真

中国政府・国防部の呉謙報道官(写真)は米国国務院が15日に台湾に対しての5億ドル(約560億円)相当の武器売却を認めたことに対して、「完全な過ちで非常に危険」などと猛反発した。

中国政府・国防部の呉謙報道官は米国国務院が15日に台湾に対しての5億ドル(約560億円)相当の武器売却を認めたことに対して、「完全な過ちで非常に危険」などと猛反発した。国防部公式サイトは2019年4月24日になり、呉報道官の談話を掲載した。 呉報道官は、「中国はいかなる国家であれ台湾に武器を売却することに断固として反対する。いかなる国家であれ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング