写真

中国の程学源駐スリランカ大使は、同国で21日に発生した連続爆破事件で、中国人5人が死亡した可能性があると発表した。仕事あるいは観光のために海外を訪れたり長期滞在する中国人が増えるにつれ、事件や事故に遭遇するケースが増えている。

中国の程学源(チョン・シュエユエン)駐スリランカ大使は、同国最大の都市、コロンボとその近郊で21日に発生した連続爆破事件で、中国人5人が死亡した可能性があると表明した。大使館として24日付で発表した。 中国人死者数については、当初は2人とされていたが、その後に1人と修正されていた。程大使は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング