写真

人民日報海外版は15日付で、「日本は何をもって米国とイランの『調停人』を買って出たのか」と題する評論記事を掲載した。

人民日報海外版は2019年6月15日付で、「日本は何をもって米国とイランの『調停人』を買って出たのか」と題する評論記事を掲載した。 安倍晋三首相は6月12~14日にイランを訪れ、同国最高指導者のハメネイ師やロウハ二大統領と首脳会談を行った。記事は、今回のイラン訪問に際し安倍首相が米国とイランの対話の懸け橋になると宣言したことを伝えた上で「安倍首相が緊迫した局面を緩和できるかが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング