写真

19日、央視網は、航空自衛隊のF-35A戦闘機が墜落した事故原因について中国の軍事専門家が「何かを隠している」との見方を示したと報じた。

2019年6月19日、央視網は、航空自衛隊のF-35A戦闘機が墜落した事故原因について中国の軍事専門家が「何かを隠している」との見方を示したと報じた。 4月に青森県の航空自衛隊三沢基地付近の海域でF-35A戦闘機が墜落した事故について航空自衛隊は今月10日に事故調査報告を発表し、パイロットが事故当時、空間識失調を起こしており、自機の高度や姿勢が把握できていないまま時速1100キロで海面に突っ込んだとの調査結果を明らかにした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング