写真

27日、中国紙・環球時報は、米メディアの報道を引用し、米半導体大手のマイクロン・テクノロジーやインテルが政府の輸出規制をかいくぐって中国通信機器大手のファーウェイへの供給を再開したと報じた。資料写真。

2019年6月27日、中国紙・環球時報は、米紙ニューヨーク・タイムズや米ブルームバーグの報道を引用し、「米半導体大手のマイクロン・テクノロジーやインテルが政府の輸出規制をかいくぐって中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への供給を再開した」とし、「米企業は巨大な中国市場を手放したくないようだ」と報じた。 ニューヨーク・タイムズの25日付報道によると、マイクロンは同日、米政府が5月に決定した禁輸措置を受けてファーウェイ向けの出荷を停止していたが、一部の半導体製品について過去2週間で出荷を再開したことを明らかにした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング