写真

重慶の日本人租界地を訪れた。

宋王朝時代の西暦1189年、時の皇帝が「慶びが重なった」と言う意味で恭州を「重慶府」と改名して830年になる。重慶の歴史は古く、夏・殷・周時代は岩塩採掘が行われ、巴国文明が誕生した。巴国は春秋戦国時代、東隣の楚国と常に戦い続けてきたが、紀元前316年秦の恵文王は巴国を滅ぼし、巴国の支城の一つであった江州城を築城した。この城跡は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング