写真

9日、軍事専門番組「利刃軍事」のアカウントは、「中国の最新ステルス戦闘機J-20の量産が予定よりも明らかに遅れている」としたうえで、その理由について紹介する文章を掲載した。写真はJ-20。

2019年7月9日、軍事専門番組「利刃軍事」のアカウントは、「中国の最新ステルス戦闘機J-20の量産が予定よりも明らかに遅れている」としたうえで、その理由について紹介する文章を掲載した。 文章は、中国が自前の技術で開発した第5世代ステルス戦闘機であるJ-20が就役してからすでに2年が経ち、そのステルス性能や上空での機動力は世界から注目を浴びているとした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング