写真

10日、フランスの華字紙・欧州時報は、同国のシンクタンク、イダテ(IDATE)の専門家が、中国について「『世界の工場』の段階を過ぎて『専利(特許、実用新案、意匠)の工場』の段階に入った」との見方を示していると報じた。資料写真。

2019年7月10日、フランスの華字紙・欧州時報は、同国のシンクタンク、イダテ(IDATE)の専門家が、中国について「『世界の工場』の段階を過ぎて『専利(特許、実用新案、意匠)の工場』の段階に入った」との見方を示していると報じた。 記事はまず、ルクセンブルクメディア、RTLの報道を引用し、「任天堂やソニー、グーグル、アマゾン、HP、デルなど日米のテクノロジー大手が生産の一部を中国国外に移転させることを検討中と伝えられている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング