写真

17日、韓国・ニューシスは、今月25日から韓国で封切られる慰安婦問題をめぐる論争を扱うドキュメンタリー映画「主戦場」を「韓国側でも日本側でもない新たな視点の映画」だと紹介している。

現在、日本でロングラン公開中の慰安婦問題をめぐる論争を扱うドキュメンタリー映画「主戦場」が、今月25日から韓国で封切られる。17日、韓国・ニューシスは「韓国側でも日本側でもない新たな視点の映画」だと紹介している。 記事は同映画を「日韓間の深い葛藤を最大限に客観的に見つめようと努力したドキュメンタリー」「27人の知識人・文化人へのインタビューを交互に見せることで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング