写真

20日、米誌フォーブスはこのほど、世界の企業幹部の39%が「中国がAI(人工知能)のグローバルリーダーとして米国を追い抜く」と考えていることが最新の調査結果で分かったと報じた。資料写真。

2019年8月20日、中国紙・環球時報によると、米誌フォーブスはこのほど、米経営コンサルティング会社A.T.カーニーが23カ国の大企業の幹部約450人を対象に実施した調査で、世界の企業幹部の39%が「中国がAI(人工知能)のグローバルリーダーとして米国を追い抜く」と考えていることが分かったと報じた。 調査結果によると、テクノロジーの導入を主要なチャンスと考えている企業幹部の50%が、AIとML(機械学習)を最高のチャンスとして選択した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング