写真

日本と韓国の関係の悪化は輸出データにも反映されている。両国の貿易摩擦の影響により、7月の日本の対韓輸出は前年同期比6.9%減少した。資料写真。

財務省が19日に発表したデータによると、日本の7月の輸出額は前年同期比1.6%減少して6兆6432億円になり、8カ月連続で減少した。自動車部品、半導体生産設備、半導体を含む電子部品などの輸出が低迷した。しかし減少率は6月の6.7%に比べれば、かなり改善しており、予想も上回った。ロイター社のアナリストはさきに減少率を2.2%と予測していた。 減少に歯止めがかかり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング