写真

20日、韓国・ニューシスは「第2次世界大戦中にインドネシアを占領した日本軍に拉致され慰安婦被害者となったジャン・ラフ・オハーンさんが96歳で死去した」と報じた。資料写真。

2019年8月20日、韓国・ニューシスは「第2次世界大戦中にインドネシアを占領した日本軍に拉致され慰安婦被害者となったジャン・ラフ・オハーンさんが96歳で死去した」と報じた。 記事は、オハーンさんについて「オランダ人で当時はオランダ領東インドで修道女になるため学んでいたが、1944年にインドネシアのスマランに設置された旧日本軍慰安所に連行され、3カ月間強制収容されていた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング