写真

中国メディアの環球網は23日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定の破棄を発表したことについて、「最も失望したのは日本か、米国か」と題する記事を掲載した。

中国メディアの環球網は23日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を発表したことについて、「最も失望したのは日本か、米国か」と題する記事を掲載した。 韓国大統領府の金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長は22日に会見し、破棄の理由について、日本が韓国を輸出上の優遇国(ホワイト国)から除外したことを挙げ、「こうした状況で敏感な軍事情報を交換する協定を維持することは、国益にかなわないと判断した」と説明した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング