写真

30日、中国の軍事専門番組「利刃軍事」の今日頭条アカウントは、日本は第2次世界大戦の罪を反省しておらず、どうして自分が負けたかについてばかり考えてきたと主張する文章を掲載した。写真はソロモン諸島。

2019年8月30日、中国の軍事専門番組「利刃軍事」のアカウントは、日本は第2次世界大戦の罪を反省しておらず、どうして自分が負けたかについてばかり考えてきたと主張する文章を掲載した。 文章は、第2次世界大戦に敗れた日本は戦後に軍隊に対する厳しい制限が与えられ、攻撃性のある軍事力を発展させることが禁じられたと紹介する一方「近年の状況を見ると、日本はこの分野においてとっくに抜け出して遠くまで行っている」とした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング