写真

9日、中国紙・北京商報は、「出生率に赤信号=慌てる韓国、出産を促す日本」とする記事を掲載した。資料写真。

2019年9月9日、中国紙・北京商報は、「出生率に赤信号=慌てる韓国、出産を促す日本」とする記事を掲載した。 記事はまず、日本について、今年10月から幼児教育・保育の無償化が始まることを紹介。その狙いについて、「出産を奨励し、子育て世代の負担感を和らげて少子化対策につなげることだ」と伝えた。 そして、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング