写真

日本製粉が、海外事業の拡大を目的として海外事業本部の体制を強化する。写真は同社グループの中国拠点の一つ、上海金山日粉食品。

日本製粉が米中など海外事業を強化/Rubyroseのオーガニッククレンジングオイルが越境EC利用し対中販売/ユカイ工学のセラピーロボットが中国の重要インダストリアルデザイン賞に入賞 ●日本製粉が米中など海外事業を強化、海外事業比率の向上目指す 日本製粉が、海外事業の拡大を目的として海外事業本部の体制を強化する。同社はグループとして米国(製造・販売拠点)、中国(製造・販売拠点)、タイ(製造・販売拠点)、インドネシア(販売拠点)を軸に海外事業を展開しているが、今後は既存事業の拡大に加え、新規事業開発への取り組みを加速させ、海外事業比率の向上を目指す。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング