写真

韓国の自動車生産台数が今年は10年ぶりに400万台を割り込む可能性が高まった。韓国紙は「韓国の自動車産業の根本的な競争力が低下した」との専門家の見方を伝えた。写真はソウル。

韓国の自動車生産台数が今年はリーマン・ショック当時の2009年以来10年ぶりに400万台を割り込む可能性が高まった。400万台割れは輸出と国内販売がいずれも振るわなかったのが理由。韓国紙は「韓国の自動車産業の根本的な競争力が低下した」との専門家の見方を伝えた。 聯合ニュースなどが報じた韓国自動車産業協会のデータによると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング