写真

中国の外交学院国際安全研究センターの凌勝利主任は「米国の若者は社会主義に憧れている?」と題した文章の中で、米国社会の変化とそれが来年の大統領選挙に与える影響について論じた。

中国の外交学院国際安全研究センターの凌勝利(リィン・ションリー)主任は「米国の若者は社会主義に憧れている?」と題した文章の中で、米国社会の変化とそれが来年の大統領選挙に与える影響について論じた。10日付で中国メディア・環球時報が掲載した。 凌氏はまず、米ギャラップ社の昨年の調査結果を基に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング