写真

12日、環球時報は、韓国の機密機関でこのほど、韓国語が堪能だった中国人を採用してしまう事態が発生したと報じた。写真は韓国科学技術院(KAIST)。

2019年12月12日、環球時報は、韓国の機密機関でこのほど、韓国語が堪能だった中国人を採用してしまう事態が発生したと報じた。 記事は、韓国の政府機関およびその下部組織では、人材選抜の公平性を図るために最終学歴や出生地を審査対象とせず、筆記試験と面接の結果を重視する選抜制度を2017年から実施していると紹介した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング