写真

15日、中国誌・新民週刊は、日本と韓国の経済摩擦によってどちらがより大きなダメージを受けたかについて考察する記事を掲載した。写真はソウル。

2020年1月15日、中国誌・新民週刊は、日本と韓国の経済摩擦によってどちらがより大きなダメージを受けたかについて考察する記事を掲載した。 記事は、昨年7月に日本と韓国の間で貿易戦争が勃発してから半年が経過した現在の状況について「いわばけんか両成敗だが、日本の方が傷は深い」とした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング