写真

5日、韓国メディア・韓国日報によると、韓国である裁判の担当裁判官が「世論の反発」により交代され、物議を醸している。写真は韓国・ソウル。

2020年4月5日、韓国メディア・韓国日報によると、韓国である裁判の担当裁判官が「世論の反発」により交代され、物議を醸している。 記事によると、ソウル地裁は先月30日、インターネットのメッセンジャーアプリ「Telegram(テレグラム)」を利用し、未成年者を含む女性らを脅迫して撮影したわいせつ動画が流布された、いわゆる「n番ルーム事件」の担当裁判官をオ・ドクシク部長裁判官からパク・ヒョンスク裁判官に変更した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング