写真

米国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長は、新型コロナウイルスの年内根絶は難しく、次のシーズンに再発する可能性もあると警告を発した。写真は米NYのセントラルパーク、新型コロナ患者の臨時病院。

米華字メディアの多維新聞の6日付報道によると、米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長は5日のCBSテレビとのインタビューで、新型コロナウイルスの年内根絶は難しく、次のシーズンに再発する可能性もあると警告を発した。 ファウチ氏は、「米国政府は再発に備えてワクチンの開発や治療方法の研究に努めている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング