写真

5日、環球時報は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く米国で、アジア系政治家が「差別を避けるため、より米国への忠誠を示せ」と呼び掛けたことで反発を招いていると報じた。

2020年4月5日、環球時報は、新型コロナウイルスの感染拡大が続く米国で、アジア系政治家が「差別を避けるため、より米国への忠誠を示せ」と呼び掛けたことで反発を招いていると報じた。 記事によると、今年末の米大統領選候補者選びから脱落した中国系米国人のアンドリュー・ヤン氏はこのほど、米紙ワシントン・ポストに「新型コロナウイルスの感染が広がる中、道を歩いていると奇異や批判の目で見られることに気付き、自分がアジア系であることにいささかの羞恥心を覚えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング