写真

韓国保健福祉部は6日、同国の大邱市と慶尚北道の新型コロナウイルス感染者51人について、回復して隔離措置を解かれた後に再び陽性になったと明かした。写真は大邱市。

韓国保健福祉部は6日、同国の大邱市と慶尚北道の新型コロナウイルス感染者51人について、回復して隔離措置を解かれた後に再び陽性になったと明かした。聯合ニュースなどが伝えた。 報道によると、韓国疾病予防管理センター(KCDC)は再感染ではなく、ウイルスの再活性化によるものだと見ている。保健福祉部は大邱市に調査チームを派遣し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング