写真

9日、仏国際放送局RFIによると、国連環境計画の元事務局長らが新型コロナウイルスの世界的な感染拡大について「中国が野生動物取引を野放しにしていたからだ」と主張した。写真はニューヨーク。

2020年4月9日、仏国際放送局RFIによると、国連環境計画の元事務局長らが新型コロナウイルスの世界的な感染拡大について「中国が野生動物取引を野放しにしていたからだ」と主張した。 記事によると、国連環境計画のシルビー・レメ元事務局長がフランス呼吸協会会長、グッドプラネット財団代表とともに8日、仏紙ル・モンドに寄稿した文章で「今回の新型ウイルスは真っ先に中国で爆発的に感染した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング