写真

8日、韓国・MBCによると、韓国の潘基文前国連事務総長が文在寅政権の対北朝鮮政策について「驚愕」「嘆かわしい」「焦って物乞いする態度」など厳しい言葉で批判した。写真は北朝鮮・平壌。

2020年7月8日、韓国・MBCによると、韓国の潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が文在寅(ムン・ジェイン)政権の対北朝鮮政策について「驚愕」「嘆かわしい」「焦って物乞いする態度」など厳しい言葉で批判した。 記事によると、潘氏は同日、韓国国会で行われたグローバル外交安全保障フォーラムの基調演説で、南北関係について「相互尊重と互恵の原則を守るべき」とした上で、「(韓国政府が)一方的に北朝鮮の立場を理解しようと擁護するような態度を取れば、北朝鮮に振り回され続ける状況にならざるを得ない」と指摘した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング