写真

中国外交部の趙立堅副報道局長は4日の定例会見で、「香港人の約4割が移民を希望している」との報道に関する質問に回答した。写真は香港。

中国外交部の趙立堅(ジャオ・リージエン)副報道局長は4日の定例会見で、「香港人の約4割が移民を希望している」との報道に関する質問に回答した。中国メディアの観察者網が伝えた。 会見で記者から「最近、香港中文大学が公表した調査結果によると、37%の香港人が国外への移民を考えている。なぜこの割合が急激に増加したのか?中国はこれらの人たちが移民することを気にするか?」との質問があった。 これに対し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング