写真

2日、米華字メディア・多維新聞は、「中国ボイコット、なぜインド人は自らに向けて『発砲』するのか」と題する記事を掲載した。撮影:Shakeb Tawheed。

2020年7月2日、米華字メディア・多維新聞は、「中国ボイコット、なぜインド人は自らに向けて『発砲』するのか」と題する記事を掲載した。 記事は、インド政府がTikTokや微信など59種の中国アプリを禁止したほか、中国から購入するすべての電力設備について検査を行うこと、ニューデリーのホテルグループは傘下の3000店で中国人客を断ると決定したこと、チェンナイ港では中国からのすべての貨物の通関手続きを停止したことなどを紹介した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング