写真

9日、環球時報は、米FBIのレイ長官による中国を非難する発言に、中国外交部が反発したと報じた。写真はFBI。

2020年7月9日、環球時報は、米連邦捜査局(FBI)のレイ長官による中国を非難する発言に、中国外交部が反発したと報じた。 記事は米CNNの7日付報道として、同長官が7日に米保守系シンクタンク・ハドソン研究所で講演した際に「中国は米国経済にとって最大の脅威である」と語ったほか、中国による対スパイ活動を「キツネ狩り」と称した上で「法治に対する威嚇だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング