1. トップ
  2. トピックス
  3. 社会
写真

安倍晋三元首相の銃撃事件は8日で発生から1カ月。事件では選挙期間の政党幹部らの要人警護の難しさが露呈した。政治とどう折り合いをつけ、安全を守るか。警察庁は警護警備態勢の見直しを進めているが、海外と比べ日本の特異性や改善点も浮かぶ。日本では、首相や首相経験者、閣僚、政党幹部ら警護対象者には警視庁警護課所属のSP(セキュリティーポリス)らが専属で付く。現職の首相や、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング