「線路内で仁王立ちしていた」踏切で女子高生自殺か 埼玉・春日部

産経ニュース / 2017年4月21日 22時40分

21日午後0時50分ごろ、埼玉県春日部市粕壁の東武野田線踏切で、同市に住む私立高校2年の女子生徒(16)が、柏発大宮行き上り普通電車にはねられ、全身を強く打って死亡した。県警春日部署によると、運転士の男性は「女子生徒が線路内で仁王立ちしていた」と話しており、遺書などはなかったが、同署は自殺の可能性が高いとみて捜査している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング