田母神被告「検察が作り上げた事件だ」 公選法違反事件、22日判決

産経ニュース / 2017年5月21日 22時30分

平成26年2月の東京都知事選をめぐり選挙運動員に現金を配ったとして、公職選挙法違反(運動員買収)罪に問われた元航空幕僚長、田母神(たもがみ)俊雄被告(68)の判決が22日、東京地裁=家令(かれい)和典裁判長=で言い渡される。検察側は懲役2年を求刑し、弁護側は無罪を主張。保釈中の田母神被告は判決を前に取材に応じ「僕は罪を犯していない。ぜひ無罪にしてほしい」と心境を語った。田母神被告は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング