O157で5歳女児重体、2人重症 埼玉・熊谷のスーパー販売のポテトサラダ食べる

産経ニュース / 2017年8月21日 19時45分

埼玉県は21日、同県熊谷市拾六間のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店「でりしゃす籠原店」で買ったポテトサラダを食べた6人が腸管出血性大腸菌O157に感染し、うち女児(5)が溶血性尿毒症症候群(HUS)で意識不明の重体、男児(4)と女性(60)が重症になったと発表した。いずれも入院中で、退院のめどは立っていない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング