写真

14日の秋田駒ケ岳(国土交通省湯沢河川国道事務所のカメラから)(産経新聞)

仙台管区気象台は14日、秋田、岩手両県境にある秋田駒ケ岳で火山性地震が通常時より増え、午前8時から正午までの4時間に129回発生したと発表した。他のデータに特段の変化はなく、噴火警戒レベルは「活火山であることに留意」を示す「レベル1」で変わらないが、今後の推移に注意を呼び掛けている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング