「欅坂46」握手会妨害の初公判、被告「もうファンはやめる」と陳謝

産経ニュース / 2017年9月21日 19時55分

「迷惑がかかるので、もう関わらない」「どんな罪でも受け入れる」。アイドルグループ「欅坂46」の握手会会場で発炎筒をたくなどして威力業務妨害罪などに問われた札幌市白石区の無職、阿部凌平被告(25)の初公判。阿部被告は被告人質問で反省の逮捕を示したが、検察側の冒頭陳述などからは、独善的で身勝手な犯行動機が浮かび上がった。この日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング