弁護士殺害、秋田県への請求退ける 警官が被害者を犯人と誤認「非難できない」

産経ニュース / 2017年10月16日 14時10分

秋田市で平成22年、弁護士の津谷裕貴(つや・ひろたか)さん=当時(55)=が自宅で男に刺殺されたのは、警察官が津谷さんを犯人と間違えて取り押さえたためだとして、遺族が秋田県と男に計約2億2300万円の国家賠償と損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、秋田地裁であった。斉藤顕裁判長は男に賠償を命じたが、県への請求は退けた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング