【座間9遺体】「どこかで生きていると…」 唯一の被害男性、西中匠吾さん捜索のバンド仲間が悲痛の声

産経ニュース / 2017年11月13日 19時15分

「どこかで生きていると信じていたが、最悪の結果になってしまった」。死亡が確認された神奈川県横須賀市の介護職、西中匠吾(しょうご)さん(20)がベースを担当していたロックバンドのメンバーが取材に応じ、無念の胸中を明かした。西中さんが失踪したのは8月29日。母親に「渋谷のライブハウスに行く」と告げて外出したまま自宅に戻らず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング