肛門から空気注入された男性 死因は内臓圧迫

産経ニュース / 2017年12月18日 15時20分

体内にコンプレッサーで空気を入れられた男性が死亡した事件で、男性は肛門から注入された空気で内臓を圧迫されたために死亡していたことが18日、埼玉県警杉戸署への取材で分かった。同署は逮捕した2人が悪ふざけをして肛門から空気を注入したとみて詳しい経緯などを調べている。同署は18日、傷害致死の疑いで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング