写真

立ち往生したJR信越線の普通電車。先頭車両の前に雪が立ちはだかった=11日夜、三条市(同市の村岡志信さん提供)

JR信越線の普通電車が新潟県三条市で約15時間半、立ち往生したトラブルで、乗客の男性がツイッター上で「JRの方の苦労、ありがたみや頑張りをすごく身近に感じました」などと運転士の対応を称賛し話題になっている。この男性は11日のツイッターに「思ったことをまとめたのでぜひ見てください」と当時の状況を報告。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング