実習中の事故で指切断、長野県の高校

産経ニュース / 2018年1月17日 7時5分

 15日午後2時10分ごろ、長野県木曽町福島の県木曽青峰高校で、男子生徒(18)が木工製品の製作実習中に木材加工用の機械に手を巻き込まれた。生徒は諏訪市内の病院に運ばれたが、左手の指を切断する重傷を負った。木曽署が事故の原因を調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング