【大雪】降水帯に上空寒気重なる 「ちょうど雪を降らせるコース」

産経ニュース / 2018年1月22日 22時10分

東京都心に22日午後、雪を降らせたのは冬の首都圏でたびたび猛威を振るう「南岸低気圧」だ。低気圧の降水帯と上空の寒気が重なった地域では雨が雪に変わる。低気圧の微妙な進路の違いで降雪量が大きく異なるが、今回は東京都心に「ちょうど雪を降らせるコース」(気象庁)だった。冬の列島では、前線を伴う低気圧が発達しながら本州の太平洋沿岸部を沿うように東へ進むことがある。低気圧の中心北側や前線周辺では降水帯が形成されて雨が降る。ここに上空1500メートル付近でマイナス3度以下を目安とする寒気が南下すると雨が雪に変わる。ただ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング