写真

妻の命日に仏壇に手を合わせ、旧優生保護法の訴訟について報告する原告男性=東京都内(加藤園子撮影)

旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で障害者らへの不妊手術が繰り返された問題で、北海道、宮城県、東京都の被害者3人が17日、国に損害賠償を求める訴訟を各地の地裁へ一斉に提起する。東京地裁に提訴する男性(75)は産経新聞の取材に応じ、「人生を返してほしい」と長年苦しんだ胸の内を吐露した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング