【新潟女児殺害】優しいお兄ちゃんの“闇”どこで 女児ばかりあやす姿、高いプライド、かんしゃく持ち…

産経ニュース / 2018年5月17日 19時25分

プライドが高く、かんしゃく持ちで、女児への関心の高さが垣間見えた-。新潟市西区のJR越後線の線路で、近くに住む小学2年の大桃珠生(たまき)さん(7)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑などで逮捕された小林遼(はるか)容疑者(23)は近隣住民らからは「優しい」といった評判を得ていたが、同級生や同僚らには“裏の顔”ものぞかせていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング