東京・渋谷のセンター街で飲食店のシャッターに落書きをしたとして、警視庁渋谷署は器物損壊容疑で、米国・韓国籍で住所不詳の大学生の少年(19)を再逮捕した。「自分のニックネームを書いた。日本に来た証を残したかった」と容疑を認めている。再逮捕容疑は2日午前1時10分ごろ、東京都渋谷区宇田川町のセンター街で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング