有馬-高槻断層帯が存在 気象庁が注意呼びかけ「規模の大きな揺れ続く恐れある」

産経ニュース / 2018年6月18日 11時30分

大阪北部で震度6弱を観測した地震を受け、気象庁が18日に会見し、松森敏幸地震津波監視課長は「揺れの強かった地域では、1週間程度は最大震度6弱程度の規模の大きな地震が続く恐れがある」として注意を呼びかけた。気象庁によると、大阪府で震度6以上を観測するのは、観測制度が整った大正12年以降、初めて。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング