評論家の西部邁(すすむ)さん=当時(78)=の自殺を手助けしたとして、自殺幇助(ほうじょ)の罪に問われた東京MXテレビ子会社社員、窪田哲学被告(45)と会社員、青山忠司被告(54)の初公判が12日、東京地裁(守下実裁判官)で開かれた。窪田被告は「時間の経過は事実ですが、入水はご自分のご意志で動いた」と無罪を主張、青山被告は「間違いございません」と起訴内容を認めた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング