西之島で小規模噴火確認 昨年8月以来 海保

産経ニュース / 2018年7月12日 17時50分

海上保安庁は12日、東京から南に約1千キロに位置する小笠原諸島の無人島、西之島(東京都小笠原村)で噴火が確認されたと発表した。噴火は昨年8月以来11カ月ぶり。気象庁は噴火がごく小規模だとして火口周辺警報(火口周辺危険)を継続、火口から約500メートルの範囲で警戒を呼びかけている。海保によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング