元大阪市特別顧問の野村修也氏に業務停止1月 組合活動めぐるアンケート調査で

産経ニュース / 2018年7月17日 12時30分

大阪市が平成24年に全職員を対象に実施した組合活動に関するアンケートに、憲法が保障する団結権やプライバシー権を侵害する質問項目が含まれていたとして、第二東京弁護士会は17日、当時の市特別顧問で、アンケートを実施した第三者調査チームの責任者だった中央大法科大学院教授、野村修也弁護士(56)を業務停止1月の懲戒処分とした。アンケートは24年2月、橋下徹市長(当時)の指示で、約3万人を対象に記名式で実施。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング