【防災ヘリ墜落】最後の30分に何が 現場付近で爆音響かせた低空飛行目撃も

産経ニュース / 2018年8月10日 19時5分

うっそうとした山の斜面で、生い茂る木々の隙間に見える大破した機体-。群馬県中之条(なかのじょう)町で10日に発生した9人乗り県防災ヘリコプターの墜落事故は、搭乗者のうち2人が死亡、6人が容体不明で、残る1人の安否も確認できない惨事となった。現場付近では異様に低い高度を飛ぶヘリの目撃もある。最後の無線連絡からヘリの現在地情報が途切れるまで約30分に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング