審理207日、裁判員重い負担 半数は途中辞退

産経ニュース / 2018年11月8日 22時25分

実審理期間が207日となった神戸地裁姫路支部の裁判員裁判。被告は殺人や逮捕監禁致死など7事件で計11の罪に問われ、検察側と弁護側の主張も対立するなどし、多いときで週4回のペースで公判が進んだ。裁判員の負担は重かったとみられ、初公判後に半数の裁判員が辞退した。今回の裁判をめぐっては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング